Roket Kaz

つっこみどころ満載の訳わからん人ですw 中3。コレでよいのだろかw え?Roketはスペルが違うって? 実はわざと(笑

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

AmericaGP

なせKazはこの話題を取り上げないのか。













と思っている方もいらっしゃることだろうしそろそろ書いてみる(自意識過剰w

今年のアメリカ。
おれはとってもとっても楽しみにしていた。
また琢磨が頑張ってくれるか?
BARは回帰できるか?
トヨタは優勝か?
とか。

なのにだ。
































お前らが走らないってどういう事よ!?







だれをおうえんしろってーのさ。
フェラーリとジョーダンとミナルディだけのレースで。









では、なぜこのようなことが起こったか

1.ミシュランのタイア欠陥(コレが元

2.FIAのマックス・モズレーがミシュランのタイア対策プランにおいて全て却下

この二つが大きな問題点といえるだろう。


まず1について検証して見る。
これが判明したのは金曜フリー走行。
トヨタのラルフとゾンタが二人立て続けにタイアがバーストし、
スピンクラッシュした。
特にラルフは衝撃が大きく、又は目に入った破片のためかレースを欠場する事態まで追い込まれた。
これについてミシュランの検証によると、タイアに欠陥が見られ、
オーバルの高速区間を10周目以降全開で走り抜けると
高確率でタイアが破損するというのだ。
これではミシュランユーザーが走れないのは当然、というか70周で争われるレースにおいてたった10周で危ない、といわれているタイアでレースが出来るはずがないのである。
しかも、タイア交換は一切禁止。

これを元に2についても検証するが、
1を受けてミシュランはアクシデント回避のため、
欠陥補修済みのタイアを持ち込み、チームに配布したい意図を
マックス・モズレー(以下モズレー)に伝えるがコレは却下。
それなら、速度低下を考え、オーバル部分にシケインを加えて欲しいという意見も出したがコレも却下。
後者の意見についてはフェラーリ以外の全てのチームが承諾していたのだが、全面的に却下されてしまった。

結局なんの解決もなく本戦へと時間が進んだのだが、
やはりというが当然ミシュランは走らず、史上最低のグランプリとなった。
こうなることをモズレーはなぜ予測し、回避しようとしなかった、又は出来なかったのか。ルールでかちかちに固めたエンターテイメントにはなんのおもしろみもないし、ファンのいらだちをあおるだけである。まずF1はエンターテイメント。
これをモズレーには理解してもらいたい。
というか、今回の事件のせいで来年のF1アメリカGP開催も危うくなっている。


観客の身になってみるとやはり心が痛い。
100ドルも払ってチケット買って、遠い国から来た人や日本人だって琢磨やその他のドライバーを応援するために来ていたのに・・・。
だれがフェラーリ一人勝ちを楽しみにしてそこへ行くだろうか。
はっきり言って今回のGPは全く面白くなかった。
なにか起きるんじゃないか、と思い最後まで見ていたが
どうやら俺の考えより遙かにモズレーは頭が固かったorz
観客の皆さんがかわいそうでならない。
そして、観戦代返却の目処は立っていない。

まったく、今年はBARの問題に関しても無理矢理参戦中止にした感が否めないし、今回だってもっと柔らかく観客のことも考えて決めれば良かったのに、FIAは今後F1に対する考えを改めなければ行けないと俺は思う。
スポンサーサイト
  1. 2005/06/26(日) 00:55:14|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:9

やべーよBAR・・

皆さん・・・・ヤバイですよ・・・


誠に








誠にヤバイです・・・











まぁ・・まず・・・





見ろ!








な?


まぁ・・・・見てくださいよホント・・







この真実をば!!!














http://f1.racing-live.com/jp/index.html?http://f1.racing-live.com/jp/headlines/news/detail/050504200056.shtml

























はぐぁぁぁぁぁぁああぁ゙ぁ゙ぁ゙!!!!!










きっ・・・希望が・・っ








とどのつまりは第4戦サンマリノGPでのバトンの車両重量が
規定に達していなかった(つまり他チームより軽い)状態で決勝に臨んでいたことが問題になって居るんです。

このまま決議されてしまうと

今年の5戦目以降前戦で











BARの姿が見れなくなってしまいます!!











えらいこっちゃーぁぁぁぁ

マジでどうにかならないんですかねぇ・・・
明日の午後に結果が出るようですが・・・

なんとも心配でなりません。


頼むよFIA!!
  1. 2005/05/05(木) 19:56:26|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:7

Kaz

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。